公務員はうつ病患者が多いって知ってた?【うつ病になる8つの理由とは】

公務員にもうつ病が多い理由 公務員の生活
公務員にうつ病が多いって聞いたんだけど、公務員は仕事は楽だろうし、土日も休みで定時帰りなんでしょ?

なんでそんな公務員がうつ病なんかになるの?

という疑問に答えてみようと思います。

 

本記事では「日本全体の公務員のうつ病患者数」を紹介しつつ、公務員がうつ病になりやすい理由も解説します。

「公務員は楽で、定時帰り」という幻想を一気に壊す内容となっています。

 

◎本記事の内容

  • そもそものうつ病患者数
  • 公務員のうつ病患者数の割合
  • 公務員もうつ病になりやすい理由
  • 公務員でうつ病になったらどうなるか

 

3分ほどで読み終わる内容となっていますので、最後ま読んでいただけると嬉しいです。

 

うつ病患者の公務員は日本にどれくらいいるの?

そもそも日本のうつ病患者数

日経新聞の記事なのですが、2015年時点で日本にはうつ病患者が506万人いるとのことです↓

https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG25H48_V20C17A2000000/

 

日本国民の約20人に1人がうつ病ということになりますよね。

現代は高ストレス社会なので、うつ病患者は年々増えており、社会問題の1つとなっています。

 

うつ病の公務員は日本にどれくらいいる?

数年前の統計となってしまうのですが、精神疾患(うつ病)が原因の休職者の割合をまとめてみました。

  • 国家公務員 → 1.28%
  • 地方公務員 → 1.14%
  • 正社員(民間企業) → 0.4%

http://mhl.or.jp/pdf/kyuushokushasuu.pdf より引用

 

民間の企業よりも公務員のほうが精神疾患で休職している人が多いという統計となっています。

 

しかし企業の中にも休職制度が整っておらず、「うつ病なのにクビにされた」「自己都合退職した」という人もいると思うので、実質的には民間企業も同様の値くらいになるのではないかと思います。

(※決して民間と公務員どっちが大変かという不毛な比較をしているわけではありません。)

 

100人いたら1人か2人はうつ病になる可能性があるということで決して少ない数値ではないですよね。(この統計は少し古いので現在はもっと増えていると思います。)

 

公務員にうつ病が多い理由とは?

私が聞いたり体験したこと、心療内科でカウンセラーの方に言われたことを元に「公務員にもうつ病が多い理由」を書いていこうと思います。

  • 教育体制が壊滅的に整っていない
  • 真面目すぎる人が多い
  • リフレッシュが出来ない
  • 激務すぎた
  • 環境が閉鎖的
  • 仕事がつまらなすぎる
  • 部署異動
  • 理不尽なクレーム

 

順番に解説していきますね。

 

公務員にうつ病が多い理由① 教育体制が壊滅的に整っていない

一般の企業であれば、数週間若しくは数か月新人研修があり、そこから配属先が決まり上司と仕事を進めていく場合が多いのではないでしょうか?

 

しかし公務員の場合は研修や上司との仕事も、更には引き継ぎ書やマニュアルも一切ないという自治体や部署があります。

 

入庁初日から15年目クラスの人がやっていた重大な仕事を任される新人もいるようで「入ったその日から即戦力」という扱いを受けることがあります。

 

勿論しっかりと教育を行っている自治体もあると思いますが、全体的にあまり「新人をしっかり育てていく!」という風潮はないです。

なのでいきなり現場にぶち込まれ、事業を回していかなければならず、かなりの負荷がかかってしまうのです。

 

公務員にうつ病が多い理由② 真面目すぎる人が多い

これはカウンセラーから言われたことです。

公務員って仕事を全然しなくても犯罪さえ犯さなければクビにならないのです。

 

なのでズルい人はうまくサボり、真面目な仕事をしっかりやる人にばかり業務が集中し、心を病んでしまう方が多いとのことでした。

真面目だからこそ、どれだけ仕事があっても文句も言わずストイックになってしまう傾向にあります。

サボる人をクビにできる制度があれば、真面目な公務員のうつ病発症率は下がるのではないかと私は思いますね。
真面目な公務員は損をするという記事を過去に書いたことがありますので是非ご覧ください↓

 

 

公務員にうつ病が多い理由③ リフレッシュができない

公務員は休日も中々羽目を外せない傾向にあります。

私のお話となってしまうのですが、部署の仕事の関係で市内の業者と個人携帯の番号を交換してしまい、土日に頻繁に連絡が来て出動することが多かったです。(すべてサービス労働笑

休日に友人と近隣市町村で食事をしていた時に業者から連絡が来て、食事を切り上げ仕事に行ったこともありました(笑)

 

いつ電話が来るかわからないプレッシャーに襲われ、土日にリラックスすることが出来ないのも精神的に参ってしまう原因になります。

 

公務員にうつ病が多い理由④ 激務すぎた

どこの組織や企業でも忙しいですよね。仕事をしすぎて、忙しすぎて身体や精神を壊すケースはよくあります。

 

世間一般的に「公務員は楽だ!ぬるま湯だ!」なんてよく言われていますが、それは20年以上も前の話です。

 

一昔前の公務員は「仕事は全部業者に丸投げ、仕事中に飲酒」という超楽な時代もあったようですが、今の時代は公務員も普通に忙しく休日出勤&日付越しなんかも結構当たり前です。
実際にニュースでも話題になっていますが、公務員でも過労死の事件が相次いでいるのが現実です。

私自身も働きすぎで一時期体調を崩したことがありました。

 

公務員にうつ病が多い理由⑤ 環境が閉鎖的

公務員は部署によっては外部との交わりがなく、一部の人としか関わらないなんてこともよくあります。

転勤などもなく、人間関係や環境が非常に閉鎖的で、欝々としてしまう人が結構多いのが現状です。

 

言ってしまえば出会いの場も全くないので、新鮮味がないなぁというのが正直なところですね笑

 

公務員にうつ病が多い理由⑥ 仕事がつまらなすぎる

人によっては公務員の仕事にやりがいを感じる方もいます。それは大変すばらしいことです。

しかし公務員の仕事は基本的につまらないです笑

 

  • 意味を特に見いだせない仕事に無駄に時間をかけなければならない
  • 法令に縛られているから全く裁量が効かずお役所仕事になってしまう

ということが多々あります。

 

この公務員の息苦しさや、つまらなさに限界を感じ、精神的にやられてしまう人も多いです。

 

公務員にうつ病が多い理由⑦ 部署異動

部署異動で精神を疲弊する人は非常に多いです。公務員の部署異動は「ほぼ転職」と言っても過言ではありません。

 

仕事をせっかく簿得てきたのに、また違う部署へ行き、1から仕事を覚え直し、人間関係もリセット。

全く関心のない仕事をしなければならないことも多々ありますので、精神的に非常に負荷がかかります。

 

実際に私の知り合いの公務員も結構な確率で「部署異動後にうつ病」になっています。

 

部署異動は嫌いな人から離れられるというメリットもありますが、うつ病を発症するかもしれないというデメリットも兼ね備えています。

 

公務員にうつ病が多い理由⑧ 理不尽なクレーム

日本は公務員のバッシングが異常な国です。

窓口対応がある部署では毎日のようにネジの外れた人がクレームを言いにくる場合があります。

この税金泥棒め!誰のおかげで生活が出来ていると思っているんだ!

などなど…

 

毎日のように罵詈雑言を浴びていたら公務員も1人の人間ですから、精神が疲弊してしまいますよね。このようなクレームに精神をやられてしまう人も非常に多いです。

 

公務員でうつ病になったらどうなるか

うつ病で仕事を休む公務員
公務員でうつ病となった人はまずは「休職」を選択する傾向にあります。

 

休職中に体調がよくなり、また働きたい人は「復職」をしますし、復職するのが気まずかったり、もう働くのが辛い人は休職中に転職活動をして退職をする人もいます。

 

私自身も「休職から復職」の経験をしたことがあります。

 

「休職」や「復職」の記事も何度か書いたことがありますので、ぜひご覧いただけたらと思います↓

休職から復職の時の不安の解決法とは?

休職から復職の時の不安の解決法とは?【復職経験者が語る】

公務員の休職中の過ごし方

【公務員】おすすめの休職中の過ごし方4選とは?【休むのが仕事】

まとめ 公務員にうつ病が多い理由 まとめ

  • そもそものうつ病患者数
  • 公務員のうつ病患者数の割合
  • 公務員もうつ病になりやすい理由
  • 公務員でうつ病になったらどうなるか

 

という内容で書かせていただきました。

公務員にもうつ病患者が多いということや原因を知っていただけたのではないかと思います。

 

現代社会人は沢山のストレスと闘っており、いつ・だれがうつ病になってもおかしくないと言われています。

民間企業も公務員もここは関係ないと思います。

 

 

自戒を込めてですが、あまりストイックになりすぎず適度に頑張り、休息をとることが大切ですね。

 

それでは今回はこの辺で。ありがとうございました!