月曜日の朝の憂鬱さを乗り越える6つの方法とは?【超簡単です】

月曜の朝の憂鬱さを乗り越える6つの方法 ワークライフ
月曜日の朝が憂鬱で仕方ないです…
月曜の朝の憂鬱さを乗り越える方法があれば知りたい…

 

今回はこんな悩みにお答えします。

 

確かに月曜の朝は「ブルーマンデー」と言われているくらい、辛い思いをしている人が多いです。

 

そこで本記事では「月曜の朝の憂鬱さ」を乗り越える方法をご紹介します。

実際に私も実践し、多少月曜の朝の憂鬱さが改善されたので、参考になる部分がきっとあるでしょう。

 

◎本記事の内容

  • 【いきなり本題】月曜の朝の憂鬱さを乗り越える方法
  • 月曜の朝に憂鬱になりやすい人の特徴

 

2,3分で読み終わる記事ですので、最後まで読んでいただけると嬉しいです。

 

 

【いきなり本題】月曜の朝の憂鬱さを乗り越える方法

月曜が憂鬱な男性の写真

私が実際に実践をした「月曜の朝の憂鬱さを乗り越える方法」は以下の通りです↓

  • 日曜の夜に少し仕事のことを準備する【月曜当日まで】
  • 身体を動かしてリフレッシュしてみる【月曜当日まで】
  • 転職活動をしてみる【月曜当日まで】
  • 仕事終わりにご褒美を自分に与える【月曜当日】
  • あえてギリギリに起きてみる【月曜当日】
  • どうしても無理なら休む【月曜当日】

 

順番に解説させていただきます!

 

月曜朝の憂鬱対策① 日曜の夜に少し仕事のことを準備する【月曜当日まで】

日曜の夜に少し仕事のことを考えたり、準備を始めることで、月曜の朝に若干「仕事への免疫」が付くことがあります。

土日で仕事のことをさっぱり忘れ、楽しく過ごし、月曜からまた仕事…というのはギャップがあり、精神的ダメージが大きいですよね。

 

だからこそ、日曜に忘れ切った仕事の感覚を少しでも取り戻すことで、月曜日の精神的ダメージを減らせるのです。

 

具体的な準備といっても以下のような簡単なものでOKです↓

  • 明日やる仕事の確認
  • スーツ、ワイシャツ、靴の手入れ

 

日曜の夜に少しだけ仕事関係のことに触れるだけで、月曜の朝の憂鬱さが改善されることもあるので、ぜひお試しください。

 

月曜朝の憂鬱対策② 身体を動かしてリフレッシュしてみる【月曜当日まで】

適度な運動をするのもおすすめです。

私は運動嫌いですが、実際に少しだけ散歩をしてみたところ、良い睡眠がとれて月曜の朝にスッキリ目覚め、新鮮な気持ちで仕事に向かうことができました。

 

運動をすることで以下のようなメリットがあります↓

  • 適度な疲労で、質の良い睡眠ができる
  • 脳内のホルモンが分泌され、リフレッシュ効果がある

 

ハードな筋トレや、走り込みは必要ありません。(運動が好きな人はOKです)

外に出て少しだけ歩くことでリフレッシュもできて、良い睡眠がとれるので、ぜひお試しください。

 

月曜朝の憂鬱対策③ 転職活動をしてみる【月曜当日まで】

個人的にはこの「転職活動をする」というのが最大のおすすめです。

例えば月曜の朝、毎週憂鬱みたいなレベルの人は、その仕事や職場が合っていない可能性が高いです。

合っていない環境で無理をして仕事をしていたら、最悪「うつ病」のような大変な病気になることもあります。

 

実際に私も、毎週のように月曜日の朝が憂鬱で、無理をして仕事に行っていました。

その結果、仕事の時だけ熱が出て、帰宅したら熱が下がるといった謎の症状に1ヵ月ほど襲われました。(ストレス性の熱だったようです)

 

しかし、転職活動を始めたところ「職場は1つだけじゃないんだ」という気持ちになり、熱も出なくなり、月曜日の朝もスムーズに職場に行けるようになりました。

ですので、長い間「月曜日の朝が憂鬱だ…」という人は精神的に参ってしまう前に、転職活動をしてみましょう。

 

月曜朝の憂鬱対策④ 仕事終わりに自分にご褒美を与える【月曜当日】

月曜当日、職場に行くことができたら正直「満点」です笑

 

そんな頑張った偉い自分に「好きな物」「好きな食べ物」など、ご褒美を与えてみるのはどうでしょうか?

 

自分へのご褒美を作ることで、楽しみも増え、月曜の朝の憂鬱さが吹き飛ぶこともよくありますので、ぜひお試しください。

 

月曜朝の憂鬱対策⑤ あえてギリギリに起きてみる【月曜当日】

あえて朝、ギリギリに起きてみるというのも試してみる価値はあるでしょう。

なぜならギリギリに起きることで「憂鬱になっている余裕がない」という状況になるからです。

 

本来、朝は余裕をもって起きて、準備をするのが理想とされています。

しかし朝早く起きても「あぁ、家を出たくない…」と考えてしまう場合も少なくありません。

 

そこで、あえてギリギリに起きることで「憂鬱になる余裕すらない状況」が生まれ、とにかく自宅を出る準備をするようになります。

 

逆転の発想ですが、私も一度試したところ「憂鬱さ」が吹き飛んだこともありますので、試してみる価値はありますよ!

 

月曜朝の憂鬱対策⑥ どうしても無理なら休む【月曜当日】

今まで紹介した方法を試してみても「無理だ…」という場合は、その日は思い切って休みましょう。

「仕事に行きたくな過ぎて、布団から出られない…」という状況は、かなり精神的に消耗してるのではないでしょうか?

 

休む連絡をする時は罪悪感を感じるかと思いますが、1日や2日休んで、体力を充電したくらいでグタグダ言ってくる職場なんて、そんなレベルなのです。

 

無理をしすぎて仕事に行ったら後々、身体のバランスが壊れ、病気になることもあります。

 

休むことも仕事のうちですから、本当に無理な場合は「マジで」休みましょうね。

自分が一番大切です。

 

月曜の朝に憂鬱になりやすい人の特徴

月曜の朝が憂鬱な女性の写真

実際に熱が下がらなくなった時に、神経科の医師から言われたことを紹介します。

 

月曜の朝に憂鬱になりやすい人の特徴は以下の通りです↓

  • 責任感が強い
  • 興味のある仕事をしていない

 

順番に解説させていただきます。

 

憂鬱になりやすい人の特徴① 責任感が強い

責任感が強い人は、月曜の朝に憂鬱になりやすいとのことでした。

仕事に対し責任を強く感じているため、自分のことよりも仕事を優先してしまい、精神的に疲れる傾向にあるようです。

 

また、責任感が強いため、仕事のことを深く考えすぎてしまい、マイナスの思考に陥ってしまうこともよくあります。

責任感が強いことはもちろん良いことですが、肩の力を抜き、リラックスしながら仕事をするのが大切ですね。

 

憂鬱になりやすい人の特徴② 興味のある仕事をしていない

2つ目が「興味のある仕事をしていないから」とのことでした。

確かに興味のない仕事をずっと続けていても辛いですし、やる気も全く出ませんよね。

 

興味ない仕事を続けているが故に、楽しみが土日しかなくなり、月曜の朝にまた辛くなる…といった悪循環です。

医師から言われた時、超納得しました笑

 

確かに私自身、今の仕事には責任を持って取り組んでいますが、興味があるかと言われたら「100%NO」というのが本音です。

 

やはり、人間少しでも興味のある分野で働いていないと、とても辛くなると感じましたね。

ですので、今の仕事に壊滅的に興味がない…という人は少しでも興味のある分野を見つけ、転職なり行動を取っていきましょう。

 

月曜の朝の憂鬱さを乗り越える方法 まとめ

まとめの写真
  • 【いきなり本題】月曜の朝の憂鬱さを乗り越える方法
  • 月曜の朝に憂鬱になりやすい人の特徴

 

という内容で書かせていただきました。

 

実際に私自身も試してみて、月曜の朝の憂鬱さが改善されたので、悩んでいる方は是非お試しください。

 

本記事が快適に、かつスムーズに職場へ向かうことができる手助けになれば幸いです。

 

それでは今回はこの辺で。ありがとうございました。