【脱公務員】公務員が使うべき転職エージェントは2つだけ【体験談を語る】

公務員が使うべき転職エージェント 公務員からの転職
  • 公務員を辞めて民間企業に行きたい
  • 公務員が使うべき転職エージェントは何かな?

 

本記事ではこんな疑問にお答えします。

 

◎本記事の内容

  • 転職エージェントを使う理由がわかる
  • 公務員にオススメの転職エージェントがわかる
  • 公務員が転職エージェントを使う際の注意点がわかる

 

◎本記事の信頼性

エリックの自己紹介

 

記事の前半は「公務員の転職でエージェントが必須な理由」を解説し、後半ではオススメのエージェントや注意点を紹介します。

 

記事を読んだら公務員のあなたも、転職活動に向けて一歩踏み出すことができます。

3,4分で読み終わる内容ですので、ぜひ最後までご覧いただけたら嬉しいです。

 

転職エージェントを早く知りたい方へ!
私は以下2つの転職エージェントをオススメしています。

  1. 転職実績、求人数ナンバーのリクルートエージェント 【公式サイトはこちらから】
  2. 転職満足度ナンバー1のDODA 【公式サイトはこちらから】

 

全て無料で使うことができますよ!

 

 

公務員からの転職は「転職エージェント」が必須

面接準備を行う写真

公務員の転職で「転職エージェント」を使うべき理由としては、以下の通りです↓

  • 面接の練習をしてくれる
  • 職務経歴書の添削、指導をしてくれる
  • キャリア相談にいつでも乗ってくれる
  • 企業にあなたのスキルを売り込んでくれる
  • 転職のプロがあなたに合った求人を紹介してくれる

つまり転職のプロが、あなたの転職を全面的にサポートしてくれるということです。

 

 

ぶっちゃけ転職市場において公務員の価値はあまり高くないので、公務員が自力で転職活動をするのは非常に厳しいです。

 

やはり民間企業の人は公務員に対し

  • 公務員はコスト感覚がなさそう
  • 公務員のスキルは民間では使えない
  • 公務員はぬるま湯そうだし、使えなさそう
  • お役所仕事みたいなことしか、しないんじゃないの?
  • 公務員は安泰そうなのに、民間に来たいとか変人じゃないの?

と考えている場合が多いですからね。

公務員はスキルが身につかない?専門性は身につかない

地方公務員はスキルが身につかないのか?正直専門性は身につきません。

 

 

公務員時代の私は自力で転職活動をしたことがあるのですが、「公務員」という理由一つで何社も落とされました。

エリック
どうしても行きたい企業があり、書類選考で落とされ、不合格の理由を直接問い合わせたら「公務員は使えなさそうなので取りません」と言われたこともあります。

 

 

そこから「自力で転職活動は限界があるかもしれない」と感じ、大手の転職エージェント2社に登録。

転職エージェントに登録してからは、キャリアドバイザーがしっかり私をサポートしてくれて、内定も複数いただくことができました。

 

そこで次は転職エージェントを選ぶ際のポイントを紹介させていただきます。

 

転職エージェントは完全無料!
転職エージェントは利用者(求職者)が企業に入社することで、企業から紹介料を貰うというビジネスのため、求職者は無料で使うことができます。

 

転職エージェントを選ぶ際のポイント

転職活動のメモ

ポイントは以下の通りです↓

  • 大手であること
  • 求人数が豊富にあること

 

順番に解説しますね。

 

公務員が転職エージェントを選ぶ際のポイント① 大手であること

転職エージェントは大手だけではなく中小、ベンチャー企業も運営しています。

しかし大手の方が実績も多いですし、たくさんの求職者を支援しているのでノウハウもあり、信頼性が抜群です。

大手の転職エージェントだと公務員の転職実績も豊富にあり、しっかり対応をしてくれます。

 

エリック
もちろん小規模なエージェントも良い求人を紹介してくれる場合もありますが、信頼や実績という面から考えると、初めは大手のエージェントに登録するのが良いですね。

 

公務員が転職エージェントを選ぶ際のポイント② 求人数が豊富にあること

求人をたくさん取り扱っている転職エージェントを選ぶことも大切です。。

やはり求人数が多いエージェントほど、あなたの選択肢が増えますし、良い求人に出会う確率も高まります。

 

そんな

  • 信頼と実績のある大手エージェント
  • 豊富な求人数

の特徴を満たし、私が実際に利用したのが以下の2社です↓

 

次の章ではそれぞれのエージェントの特徴や良さを、実際に利用した私が紹介しますね。

 

公務員が使うべき転職エージェント① リクルートエージェント

リクルートエージェントの写真

「転職エージェントに共通する特徴や良さ」は先ほど紹介しましたので、リクルートエージェントならではの良さを紹介します。

  1. 保有求人数が業界トップ
  2. 転職実績ナンバー1の信頼性

の2点です。順番に説明しますね。

 

リクルートエージェントの特徴① 保有求人が業界トップ

リクルートエージェントは保有求人数が圧倒的に多いことで有名です。

その数なんと20万件以上。

他のエージェントは大体、数万~10万件前後がスタンダードですが、リクルートは圧倒的な求人を保有しています。

 

私は転職活動を始めた際、リクルートエージェント以外のエージェントを使っていたのですが、紹介してもらえる求人が少なく、悩んでいました。

しかしリクルートエージェントに登録してから、より多くの求人を紹介してもらうことができ、選択肢が増えたのです。

 

求人数が多い転職エージェントに登録することで、あなたの

  • 選択肢
  • 出会える求人

もグンと広がりますので、オススメです。

 

リクルートエージェントの特徴② 転職実績ナンバー1の信頼性

リクルートエージェントは「転職者支援数のナンバー1」の実績があります↓

リクルートエージェントの実績

 

「実績ナンバー1=多くの求職者のサポートしている」ということで、ノウハウがあり、アドバイザーのレベルも非常に高いです。

 

実際に私もリクルートエージェントで面接練習や、書類添削をしてもらいましたが、なかなか厳しい指導を受けましたね。

 

しかし厳しくも、全て的を射た素晴らしい指導でした。

また厳しくしてもらった方が面接でも良い回答ができますし、質の高い書類を作ることができます。

 

他の転職エージェントを利用したときはアドバイザーが優しすぎて、何も指導されなく、「本当にこれでいいのかな?」という気持ちになりました。

 

しかしリクルートエージェントは「百戦錬磨の強いアドバイザー」があなたの味方をしてくれます。

しっかり指導を受けて、確実に転職を決めたい人は、ぜひ登録しておきましょう。

 

リクルートエージェントの登録はこちらから

 

公務員が使うべき転職エージェント② DODA

dodaのサイト

私はリクルートエージェントと並行してDODAも利用していました。

 

DODAを利用して良いなと思った点は以下のとおりです。

  1. 独自の転職サービスがある
  2. 職務経歴書が簡単に作れる
  3. 業界専門の転職サービスがある

 

順番に紹介します。

 

DODAの特徴① 独自の転職サービス

DODAを使っていて面白かったのが「転職サイトと転職エージェントが一体化している」という点です。

 

通常は

  • 転職サイト:リクナビネクスト(リクルートキャリア)
  • 転職エージェント:リクルートエージェント(リクルートキャリア)

 

など親会社は一緒でも、転職エージェントと転職サイトは別々になっていることが多いです。

 

しかしDODAはサイトとエージェントが一体化しているので、

  • 自分の好きな求人に応募できる
  • エージェントから紹介してもらえる

など1つのサイトで転職活動が完結します。

 

またDODAには「スカウトサービス」という機能もあり、あなたに興味を持った企業がオファーを送ってくれます。

 

これらの

  • サイト・エージェント一体化
  • スカウトサービス

は他のサイトにはないサービスで、手間なく、かつ広い視野で転職活動をすることができます。

 

DODAの登録はこちらから

 

DODAの特徴② 職務経歴書が簡単に作れる

DODAには「レジュメビルダー」という職務経歴書作成ツールがあります↓

レジュメビルダーの使用写真

 

レジュメビルダーは画面に沿って入力していく形で、テンプレートも用意されています。

レジュメビルダーの入力

 

初めての転職活動の際、職務経歴書はどう作るべきか戸惑ってしまいますが、レジュメビルダーに沿って作れば、それなりの書類を作ることができます。

 

DODAの特徴③ 業界専門の転職サービスがある

DODAは基本、総合的に求人を扱うエージェントですが、

  • IT
  • 技術系(化学、機械)
  • 金融系
  • メーカー
  • 医療職
  • 商社
  • 外資系企業

など業界に特化した転職サービスも用意されています。

 

特化した転職サービスを利用することで、より細かく求人も見られますし、専門的な転職支援を受けられます。

 

以上3点がDODAならではの特徴でした。

 

DODAは扱う求人数も9万件以上あり、リクルートエージェントに次ぐ業界トップ2です。

ぜひリクルートエージェントと併用することをオススメします。

 

DODAの登録はこちらから

 

公務員で転職エージェントを使う際の注意点

重要なメモの写真

転職をサポートしてくれる心強い転職エージェントですが、利用の際は注意点もあります。

 

それが以下の通りです↓

  • 他のエージェントを使う場合、公務員というだけで門前払いされるケースもある
  • 適当に求人を紹介してくるアドバイザーもいる

 

順番に説明させてもらいます。

 

注意点① 他のエージェントを使う場合、公務員というだけで門前払いされるケースもある

さて、転職エージェントに登録しよう!

と思って登録したら…

 

公務員の方に紹介できる求人はありません。

とエージェントに門前払いされるケースは結構あります。

 

先ほども紹介したとおり、公務員の転職市場の価値はそんなに高くありません。

ゆえにエージェントから登録前に跳ね返されてしまうことも、たまにあるのです。

 

やはりエージェント側もなるべく市場価値の高い人を転職させて、利益を生まないといけませんからね。

 

 

もちろん本記事で紹介している

  • リクルートエージェント
  • DODA

は業界トップクラスの転職実績ということもあり、跳ね返すことはありません。

 

しかしあなたがもし他のエージェントを使いたい場合、公務員という理由1つで、登録すらさせてくれない場合もあることを覚えておいてください。

 

 

私も某大手のエージェントと中小エージェントに登録しようとしたら

公務員は潰しが効かないので、紹介できるものはないですね。さよなら!

と言われた経験があります。

 

 

実際に私だけではなく、エージェントから門前払いの経験がある公務員は多いです↓

 

このような理由もあり、公務員という理由だけで跳ね返さず、しっかり対応してくれた

  • リクルートエージェント
  • DODA

をオススメしているのです。

 

注意点② 適当に求人を紹介してくるアドバイザーもいる

本来転職エージェントのアドバイザーは、求職者に合った求人を紹介し、企業にあっせんをする立場です。

 

しかし中には

求職者を適当な会社に突っ込んで、自分の実績を上げたい!

と考えているアドバイザーもいるのです。(たまにですけどね)

 

ゆえに事務職を希望しているのに、営業とか飲食をゴリ押しされる場合もあります。

 

もちろん転職エージェントもビジネスでやっているわけですので、求職者を会社に入れなければ利益が生まれません。

ですが転職エージェントの手玉に取られて、希望もしない職種に就いては本末転倒ですよね。

 

そこでもし、あなたのアドバイザーが、希望しない求人を大量に紹介してきたら、担当を変えてもらうこともできます。

  • しっかり自分の中で希望職種の軸を持つこと
  • 不審に思ったら遠慮せず担当者を変えてもらう

ことが転職エージェント利用の際は大切です。

 

※口コミサイトでよく「○○エージェントは担当者の質が低い!」という意見を目にします。
しかし転職エージェントも担当者次第ですので「○○エージェント」と一括りにしてデメリットを語るのは、少しナンセンスかなと思います。

 

公務員が使うべき転職エージェント まとめ

記事のまとめの写真

ここまでご覧いただき、ありがとうございます。

  • 転職エージェントを使う理由
  • 公務員にオススメの転職エージェント
  • 公務員が転職エージェントを使う際の注意点

を紹介させていただきました。

 

 

の2社は私も利用し、内定もいただくことができました。

 

 

色々な転職エージェントを紹介しているサイトがありますが、

  • 転職活動すらしたことない人
  • 内定をもらったことない人

 

も執筆している場合が結構あって、なかなか信頼性に欠けるんですよね。

 

ですので本記事では、私がしっかり満足したエージェントのみを紹介しました。

 

本記事が公務員からの転職を考えているあなたに、少しでも参考にしていただけたら幸いです。

 

それでは今回はこの辺で。

ありがとうございました。

 

公務員が使うべき転職エージェント2社!
  1. 転職実績、求人数ナンバー1のリクルートエージェント 【公式サイトはこちらから】
  2. 転職満足度ナンバー1のDODA 【公式サイトはこちらから】

 

全て無料で使うことができますよ!