【公務員試験】勉強のやる気が出ない時にすべき9つの対策法とは?

公務員試験の勉強のやる気を引き出す9つの方法とは? 公務員になるまで
公務員試験のために勉強を進めていますが、やる気がでないです…

どうやったら公務員試験の勉強のやる気が出ますか?

という疑問にお答えします。

 

かつて私も

  • 高校入試
  • 大学受験
  • 公務員試験

など大きな試験を経験しましたが、様々な手法を使い勉強のモチベーションを保っていました。

 

そこで今回は実際に私が行っていた「勉強のやる気を上げる方法」をご紹介します!

 

◎本記事の内容

  • 【公務員試験】勉強のやる気が出ない時にすべき9つの対策法

 

 

【公務員試験】勉強のやる気が出ない時にすべき9つの対策法

勉強

公務員試験は特に「教養試験・専門試験・論作文」など、勉強する科目がたくさんあるので、やる気を維持するのは難しいですよね。

 

そんなあなたへお勧めの「公務員試験の勉強のやる気を上げる方法9選」がこちらです↓

  1. 勉強時間を管理するアプリを使う
  2. 激甘なノルマを作る
  3. 人前で勉強する
  4. 公務員の説明会に行ってみる
  5. Twitterアカウントを作成
  6. 公務員試験の模試を受けてみる
  7. 友人と話す・遊ぶ
  8. 少しだけ仮眠をとる
  9. あえて勉強から遠ざかる

 

1つずつ解説していきます。

 

公務員試験の勉強のやる気を出す方法① 勉強時間を管理するアプリを使う

「スタディープラス」というアプリをご存知ですか?

私はこのアプリを大学受験、公務員試験の際に使用していました↓

スタディプラス公式

 

この「スタディサプリ」というアプリは非常に面白く、便利なのです。使い方を説明させていただきますね↓

 

① まずこのように教材をアプリに登録し、勉強を開始します。

ストップウォッチ機能がついているので、各テキストに費やした時間が一目でわかります。

スタディープラス1

 

② 学習が終わったらこのようにタイムラインに流れます。

スタディープラス2

 

一言で言うと勉強記録ができるTwitterのようなもので、同じ目標を持っている人をフォローすることも出来ますし、コメントも送信することが出来ます。

 

アプリの中で勝手にライバルを決めて

あの人より1時間多く勉強する!

みたいな目標を定めると競争心が生まれ、やる気も上がります。

 

公務員試験の勉強のやる気を出す方法② 激甘なノルマを作る

私は勉強のやる気が出ない時は、よく「激甘なノルマ」を自分に課していました笑

例えばこのようなノルマです↓

  • 2時間楽器を演奏したら30分は勉強する
  • 30分勉強したらショッピングを1時間する

 

「好きなことをたくさんした後に少し勉強。若しくはその逆パターンもあり」ということです。

 

実際試してみて、好きなことをした後に勉強を始めたらスイッチが入り、結果的に30分以上勉強できるように私はなりました。

人間は机に向かうと自動的にスイッチが入り、何時間も勉強が継続できる傾向にありますので、ぜひお試し下さい。

 

公務員試験の勉強のやる気を出す方法③ 人前で勉強する

自室で一人っきりで勉強すると誘惑に負ける…

という方は非常に多いですよね。

 

確かに自室で一人で勉強だと漫画や雑誌、楽器、ゲームなど色々な誘惑要素があります。

 

そんな方は是非「勉強している人の周りで勉強」をしてみましょう。

 

例えばこれらの施設には勉強をしに来ている人が多いです↓

  • 図書館
  • 交流館
  • 予備校の自習室

 

勉強している人の周りに行くことで「私もやらなきゃ!」という気持ちになりますので、自然と勉強が進むようになります。

 

公務員試験の勉強のやる気を出す方法④ 公務員の説明会に行ってみる

公務員試験の勉強のやる気を出す方法として、公務員の説明会に参加するのも効果的です。

その辺の市町村や県庁が主催している説明会に参加してみることを勧めます。

 

やはりあなたは公務員を目指し、勉強をしていると思うので、公務員の説明会に参加し、色々な話を現職の方から聞くことでやる気も上がるのではないでしょうか?

 

公務員試験の勉強のやる気を出す方法⑤ Twitterアカウントを作成

Twitterで「公務員試験の勉強用アカウント」を作成し、同じく公務員を志す人をフォローしてみるのもおすすめです。

公務員希望者をフォローして、繋がることで、ライバル関係が生まれると同時に、互いにアドバイスをしあい、良い情報共有が出来るかもしれません。

 

もちろんTwitterに入り浸りすぎて勉強がおろそかになるのはNGです笑

 

公務員試験の勉強のやる気を出す方法⑥ 公務員試験の模試を受けてみる

公務員試験を受ける人は必ず何回か模試を受験すると思います。

模試は本試験よりも難しく作られますので、点数は低くなってしまう傾向にありますが、それがプラスに働くこともあります。

模試の点数低い…もうだめだ…

と思う方も多いですし、かつての私もそうでした笑

この悲しさや危機感が「勉強しなければ…!」という原動力になるのです。

 

模試をとにかく受けて点数に絶望し、危機感を感じることも必要です。

 

公務員試験の勉強のやる気を出す方法⑦ 友人と話す・遊ぶ

勉強に行き詰まり、やる気がなくなった時、友人との何気ない会話で元気が出て、やる気が出るなんてこともよくあります。

 

同じく公務員を志す友人を作ることが出来たら理想的です。

同じ目標に向かう友人と「勉強の悩みや愚痴」などを話し合うとスッキリしますよ!

 

公務員試験の勉強のやる気を出す方法⑧ 少しだけ仮眠をとる

どうしても勉強が身に入らない時は仮眠をとるのがお勧めです。

なぜなら、仮眠を取ることで頭の中がスッキリして、勉強のスイッチも入りやすくなるからです。

人間は段階を踏んで熟睡へと向かうので、15分辺りの熟睡一歩手前くらいに目覚めるのが最適です。(熟睡をしてしまうと覚醒まで時間がかかるため)

 

私もよく昼一発目に仮眠をとってから勉強を始めていましたが、頭の中がスッキリしてとても集中できますよ!

 

公務員試験の勉強のやる気を出す方法⑨ あえて勉強から遠ざかる

「上記8つの方法を試してもダメだった…」という方に向け、最終手段です。

一度勉強のことは忘れ

  • 飲み歩く
  • 旅行に行く

など、とにかく遊び惚けてみましょう笑

 

そうしているうちに徐々に

遊んでいても大丈夫かな…?

勉強しないとヤバいよね…

という気分に必ずなってきます。

 

その後危機感に煽られ勉強を始めると思いますが、驚くべきスピードと集中力で学習を進めることが出来るかと思います。

 

少しリスキーな作戦かもしれませんが、己を信じてやってみるのも1つの方法です。

 

【公務員試験】勉強のやる気が出ない時にすべき9つの対策法 まとめ

労働する人
  • 公務員試験の勉強のやる気を出す方法【9選】

を今回は紹介させていただきました。

 

今回の方法は公務員試験に限らず、大学受験や資格の勉強でも活用できる方法ですので、機会があればぜひ本記事を思い出していただけたらと思います。

 

以前公務員試験の「数的処理」「文章理解」「社会科学」の勉強法に関する記事も書きましたので、是非ご参考にしていただけたらと思います↓

公務員試験の数的処理のコツとは?

【最新】公務員試験の数的処理のコツをご紹介!【おすすめテキストあり】

【最新】公務員試験の文章理解の勉強法は?コツやテキストも紹介!

社会科学の勉強法とテキストを紹介!

【最新】公務員試験の社会科学の勉強法は?おすすめテキストも紹介!

 

それでは今回はこの辺で。ありがとうございました!